睡眠に夜食がよくない?食べない理由

こんにちは

今回は夜食と睡眠です。

朝目覚めたとき、胃がもたれたことありませんか?

夜は内臓の機能が低下します。

夜食は胃腸に大きな負担をかけることになりますので、翌朝目覚めたときのもたれの原因です。

それが、すっきり起きられない理由の一つです。

寝る前は食べないほうがいい

 すっきり起きるには、質の良い眠りが必要です。

そのために、

寝る前、3時間は食べないほうがいいです。

寝た後も胃が消化活動で動き続けるため、脳が興奮してなかなか寝付けなかったり眠りが浅い状態になります。

寝る前に食事をとると睡眠の質が落ちる

 食べ物は胃や腸で消化されます。

しかし、寝る直前に食事をすると、身体は消化吸収に集中することになり、睡眠時に脳や身体を休めることができなくなるといいます。

その結果、睡眠の質が下がり「寝た気がしない状態」が生まれるのです。

それでも食べたいときは

 おなかがすきすぎて眠れない時もありますね。

その時はどうしましょう。

 胃腸は食事をとってから、消化に3時間かけるといわれています。

また、脂肪分の多い食事は、消化に時間がかかります。

もし、食べたいときは、脂肪の多い肉類や揚げ物は控えたほうがいいでしょう。

消化の良いカロリーの少ないものを食べるといいです。

おかゆや雑炊、うどんといった消化に良いものを意識して食べると、お腹も満たされ睡眠の邪魔もしないのでおすすめです。

アルコールやカフェインが含まれている飲み物も、睡眠の質を下げることになります。

お酒を飲むと眠くなるので睡眠に役立てられる気がするが、お酒の力を借りて眠っても、身体や脳は休まっておらず、実はただ単に脳を麻痺させているだけ。眠りが浅くなり、夜間に目覚めてしまうことも。

また、カフェインには神経を高ぶらせる作用があるので、寝る前に摂取すると寝つきが悪くなるので注意しよう。

日本人の腸の長さ

日本人の腸は欧米人と比べて2倍近く長いのです。

これはもともと日本人が農耕民族で、野菜、穀類、木の実などの食物繊維を中心にした食生活を送ってきたからです。

狩猟民族で肉食の欧米人と内臓に違いがあるのです。

日本人の食生活が変化して肉食が増えてきたのは、5~60年に過ぎないのです。

つまり日本人の腸は肉を消化することには不向きなのですね。

まとめ

 質の良い眠りには、満福も空腹もいけないのでしょう。

寝る3時間前の食事がベストということでまとめます。

それに、食事の内容もかかわってきます。

消化に良いものを気にして食べるといいでしょう。

朝すっきり起きるには、食事も大事なことなのですね。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎