睡眠に影響があるブルーライトの健康被害 何時間前ならいい?

こんにちは!!

最近なんだか疲れやすい

イライラする

なんか落ち込む、

などの症状は夜中にブルーライトを浴びすぎが原因かもしれません。

そこで今回はブルーライトの影響は、目だけではないということについて、解説していきます。

寝る前には使わない

ブルーライトが出るものは寝る前には使わないほうがいいでしょう。

もし、スマホやパソコン、タブレットなどを使ってからすぐ寝てしまうと 睡眠の質が悪くなってしまいます。

なので、使い終わってから時間を開けて寝るのをお勧めします。

スマホは寝る2時間前から触らないようにしたほうがいいでしょう。

そのブルーライトの睡眠における影響はどんなものでしょう。

体内時計に影響

ブルーライトには体内時計に影響を与えるのです。

体内時計は、光の網膜に達する量や食事のタイミングで調節されています。

朝、太陽の光を浴びて体が目覚め、日が沈むと脳と体は休息に向かいます。

これが、人間が本来持っている自然な生体リズムです。

メラトニン

体内時計にはメラトニンという睡眠をつかさどるホルモンが深くかかわっているのです。

朝日を浴びて日中に活動することが。メラトニンの分泌を促します。

メラトニンが分泌することによって、人は自然と眠りにつくのです。

メラトニンは太陽の光の中のブルーライトによって抑制されています。

ブルーライトはメラトニンの分泌を抑制する作用があるのです。

日が沈み暗くなるとブルーライトもなくなり、メラトニンの分泌が促進されます。

しかし、夜にパソコンを見たり寝るまでスマホを見ていたりすると

パソコンやスマホからのブルーライトによって、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が抑制されてしまいます。

ブルーライトによって脳が昼間だと勘違いしてしまいます。

結果、睡眠に影響

体内のリズムが崩れるといろいろなホルモンに影響を及ぼし、自律神経も乱れてしまいます。

夜間の過剰なブルーライトによって夜なのに体が覚醒してしまい、眠りが浅くなったり、なかなか眠れなくなったりと、睡眠の質に影響を及ぼします。

その結果、うつ病などの精神疾患につながる可能性も出てきます。

まとめ

睡眠は個人差の大きいものでありまた柔軟性に富んでいます。

自分の眠りをコントロールすることができれば、生活の質を高め、健康を維持し人生を充実させることができます。

そのために睡眠を正しく理解し活用することが必要ですね。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎